キャピキシルは脱毛を抑止して毛根を復元する

キャピキシルは脱毛を抑止して毛根を復元する

 キャピキシルはカナダの化粧品会社が開発した発毛成分で、天然成分による効果を検証して合成された発毛成分です。主要成分はアカツメクサ花エキスとアセチルテラペプチド3の二つが合わさった成分です。アカツメクサ花エキスには悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの生成に関係する5aリダクターゼ還元酵素を阻害する効果のあるビオカニンAという成分が含有されています。これはフィナステリドと同様の効果です。

 アセチルテラペプチド3は細胞修復作用に優れた4つのアミノ酸で構成された物質で、衰えた毛母細胞尾復元に効果を発揮するものです。切断された四肢の修復や火傷の修復に高い復元効果の実証された物質で、頭皮や毛穴の修復にも期待は高いのです。

 キャピキシルは毛根の衰退やヘアサイクルの乱れを修復し、脱毛を抑止する作用と毛根の復元効果で発毛を促進していきます。ただあくまでも育毛剤という外用薬で、頭皮から吸収するだけで大きく発毛するとは言い切れず、発毛医薬品やサプリメントと併用することで効果が高まるものであるということを認識しておくことが大切です。

 身体的な副作用は特に報告されておらず、安全性は高いと言えます。ただ、一般的な育毛剤を使用し始めに起こる初期脱毛の症状は表れる可能性があります。しかし初期脱毛は衰退したヘアサイクルを正常に戻す一つの段階であり、高い発毛効果を発揮する天然育毛成分やサプリメントを使用し始めると起こる現象なので、特に心配は有りません。

↑ PAGE TOP